ページ

2009年1月16日金曜日

[Silverlight] Silverlight 3

3月 18日~20日にロサンジェルスで開催される MIX09 には早くも Silverlight 3 のセッションがあるそうです。
Silverlight 3 Sessions at MIX09

Silverlight 3 は昨年 11月の ScottGu’s Blog 「Update on Silverlight 2 - and a glimpse of Silverlight 3」 (日本語訳が @IT 「Silverlight 2の更新 - そしてSilverlight 3初お目見え」 にあります) で話が出てきていますが、もう実際にセッションとして登場してくるんですね。

ScottGu’s Blog にも 「3D サポートや GPU ハードウエアアクセラレーションなどのグラフィック機能の改善」 というのがあげられていますが、MIX09 のセッションでも 「Deep Dive into Silverlight Graphics」 なんてのがあるようです。
このセッションは 「Silverlight 3 レンダリング・パイプラインについてと、新たに追加された Silverlight graphics API でアプリケーションのエクスペリエンスを向上させる方法」 だそうです。

興味深いなぁ。
Silverlight で何かを描画しようとすると、結局のところは XAML をごにょごにょすることになるわけです。
Silverlight には System.Drawing とか無いし。(無いよね?)
けど、「Silverlight 3 レンダリング・パイプライン」 とか 「Silverlight graphics API」 なんて聞くと、ひょっとして XAML 使わなくても描画することができるようになるのかな?という感じもしなくもないですね。
いっそのこと、OpenGL の Managed ラッパでも載せてくれるとおもしろいかもw もちろん、GLSL もサポートでw


0 件のコメント:

コメントを投稿