ページ

2009年10月21日水曜日

[Silverlight] Silverlight Toolkit October 2009 リリース

Visual Studio 2010 beta 2 のリリースにあわせて Silverlight Toolkit October 2009 がリリースされています。

変更点 の最初には VS2010 beta 2 をサポートとあるので、これが一番の変更点なのかな?
「VS2010 のすばらしいデザイン・タイム・エクスペリエンスを提供するためにすべてのコントロールがアップデートした」 そうです。
Silverlight (and WPF) Data Visualization classes unsealed [Silverlight Toolkit October 2009 release now available!]」 には VS2010 のデザイナがいいもんで Blend を使うのをやめちゃったデベロッパーもいる、なんてことが書いてありますねw

VS2010 対応以外にもチャートとドラッグ&ドロップ対応が大きいみたいです。
チャートのことはよくわからないので置いておいて、ドラッグ&ドロップについて。
Tim Heuer さんの 「Silverlight Toolkit adds DragDrop targets!」 にコード例なんかがあります。実際に動くサンプルは こちら
たとえば、ListBox だと、単に ListBoxDragDropTarget で囲んでやればドラッグ&ドロップできるようになるみたいですね。
今実装されているのは

  • ListBoxDragDropTarget
  • TreeViewDragDropTarget
  • DataGridDragDropTarget
  • DataPointSeriesDragDropTarget

とのこと。
(DataPointSeriesDragDropTarget って何かと思ったら、チャートをドラッグ&ドロップターゲットにするものみたいですね)


0 件のコメント:

コメントを投稿