ページ

2009年7月31日金曜日

[Silverlight] Silverlight 3 でマルチタッチ

Silverlight 3 Multi-touch: The Basics より。
Silverlight 3 はマルチタッチに対応してます。
と言うか、Windows の WM_TOUCH メッセージに対応していると言った方がいいのかも。
ちなみに、リファレンスを見るとわかるとおり WM_TOUCH メッセージは Windows 7 と Windows Server 2008 R2 以降となっています。なので、Silverlight 3 だからと言って、XP や Vista でマルチタッチできるようになるわけではありません。
さらに Silverlight はブラウザの上で動くわけですからブラウザにも依存するのかもしれません。
MSDN Library の Multitouch Input には IE8 が必要そうなことが書いてあります。Windows 7 なので IE7 という選択肢はそもそも無いのかも知れませんが、Firefox とかがどうなるのかはよくわかりません。

Silverlight 上での実装方法ですが、単に System.Windows.Input.Touch クラスFrameReported イベント を受け取るようにするだけです。
FrameReported イベントに渡される TourchFrameEventArgs の GetTouchPoints() メソッドなどでタッチされている座標などがわかりますので、あとは好きなように実装すれば OK です。

Silverlight 3 Multi-touch: The Basics にはデモ動画やサンプルコードもありますので、興味のある人は見てみては。


0 件のコメント:

コメントを投稿