ページ

2009年5月19日火曜日

[VS] Visual Studio の T4 でコードジェネレーション

Visual Studio MAGAZINE: Visual Studio's T4 Code Generation
T4 (Text Transformation Templating Toolkit) というものについて解説されています。(まだ読んでないけど)
T4 は VS 2008 には標準で入ってるそうです。
VS 2005 の場合は DSL Toolkit を入れてやると入るみたいです。
で、こいつは ASP.NET みたいな感じのタグベースのコードジェネレータだそうです。

あと
Visual Studio 2010 Beta 1 shows lots of T4 usage + tangible T4 Editor for VS2010 Beta 1 is available!
によると、VS 2010 beta 1 でももちろん T4 は使われているそうです。
それとこの記事では tangible T4 Editor というものが紹介されています。
どうやらこれは T4 用のコードを書くときに使えるインテリセンスやハイライト表示、テンプレートギャラリなどをまとめたもの見たい。
Free 版(無料)と Pro 版(有料)があり。
この Tangible T4 Editor は、UML 形式のユースケース図、コンポーネント図、ステートチャート図、クラス図、アクティビティ図を書くような機能もあるみたいなんだけど、これはどういうことなんだろ?
T4 Editor に T4 を使ってこういった図を作るテンプレがついているってことなんだろうか?
このモデリング機能だけ別にしてもいいくらいのように思えるけど。
Free 版でも UML-Style Diagrams は書けるみたい。(けど、自動レイアウトとかビットマップにコピーとかができない)

ちなみに Tagible T4 Editor はすでに VS 2010 beta 1 に対応済みだそうです。
http://tangibleengineering.blogspot.com/2009/05/tangible-t4-editor-for-visual-studio.html
仕事速ぇ


0 件のコメント:

コメントを投稿