ページ

2009年5月13日水曜日

[IE8] IE8 で Silverlight のデバッグをする場合、、、

いまだに Windows 7 も IE8 も入れてません。
と言うか、どちらもまだ見たこともありません。
完全に時代に置いて行かれちゃってます orz
そんな私ですが、いつの日か IE8 を使うようになったときのための覚え書きw

Debugging Silverlight in IE8 (on Windows 7)

IE8 のオートリカバリー機能は Web サイトが応答を返さなくなったときに 「このページをリカバリーするか」 それとも 「このページを閉じるか」 を聞いてきてくれるものみたいです。
ところが、Silverlight をデバッグしているときなんかにもこのダイアログが出てきてとてもうっとおしい、とあります。

えっと、IE8 を使ってないので詳細はよくわかりませんが、Visual Studio で Silverlight の中でブレイクしたりしていると IE8 が 「サーバが応答を返さなくなった」 と判断してしまいこのダイアログが出るのでうっとおしい、ということかな?
いや、うっとおしいというか、リカバリーっていうのがリロードを行うことだとしたらそうするか閉じるかの選択肢しか無いみたいだからデバッグしてらんなくなっちゃうか。

で、そんなときはオートリカバリーをオフにしちまえば OK、ということでオートリカバリー機能をオフにする方法が紹介されています。
(レジストリをいじってデフォルトの “2” から “0” にしてしまえばいいとのこと)

と、ここまで書いて気付きましたが、コメントに 「レジストリをいじる必要はないよ。Tools ? Internet Options ? Advanced タブに Enable Automatic Crash Recoverry ってのがあるよ」 ってありますね。

ところで、タイトルは “Debugging Silverlight” となっていますが、うっとおしい理由が上記であってるなら Silverlight に限らず ASP.NET でブレイクをしているときとかにも同じことになりそう。


0 件のコメント:

コメントを投稿