ページ

2007年9月6日木曜日

Silverlight 1.0 SDK と 1.1 SDK Alpha September Refresh

http://silverlight.net/GetStarted/ から表題の 2つの SDK がダウンロードできますが、これらも RC のものから更新されています。

■ Silverlight 1.0 SDK
1.0 SDK は msi になってますので簡単にインストールできます (RC のときも msi でした)。
また、インストール中に Visual Studio 2005 用のテンプレートをインストールできるのも RC と同じです。
SDK の内容は若干フォルダ構成が変わっていますし、サイズも違いますので RC のころからは更新されているようです。

あと、Tools\Silverlight.js フォルダの下にローカライズ版の Silverlight.js ファイルが追加されています。
いったい何がローカライズされているのかと思ったら

    Silverlight.createObjectEx({
source: 'Scene.xaml',
parentElement: document.getElementById('SilverlightPlugInHost'),
id: 'SilverlightPlugIn',
properties: {
width: '400',
height: '400',
background:'#ffffff',
isWindowless: 'false',
version: '1.0',
inplaceInstallPrompt: true
},
events: {
onError: null,
onLoad: Silverlight.createDelegate(scene, scene.handleLoad)
},
context: null
});

というように inplaceInstallPrompt を true にしたときに表示されるメッセージがローカライズされているようです。
Silverlight.js を使うと Silverlight が入っていない環境でページを表示すると 「Get Microsoft Silverlight」 という Silverlight のセットアップへのリンクを含んだ GIF 画像を自動的に表示してくれます。inplaceInstallPrompt を false もしくは未設定の場合は GIF 画像だけですが、true を指定すると GIF 画像と共に


By clicking "Get Microsoft Silverlight" you accept the
Silverlight license agreement
Silverlight updates automatically, learn more

というメッセージが表示されます。
これがたとえば Silverlight.ja-jp.js では、

"Get Microsoft Silverlight" をクリックすると、Silverlight 使用許諾契約書
に同意したものと見なされます。
Silverlight は自動的に更新されます。詳細情報


と表示されるようになります。


とりあえず Silverlight.ja-jp.js を Silverlight.js にリネームして使ってみたらちゃんと動きました。
(Silverlight.ja-jp.js は utf-8 で書かれているので html に <meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=UTF-8"/> を入れるなり、ASP.NET なら web.config で utf-8 を指定するなりする必要があります)
もちろん、本当ならブラウザの HTTP_ACCEPT_LANGUAGE を見るなりしてどの言語版の Silverlight.js を使用するのかを決定すべきだと思います。今のところ、そういう仕組みはなさそうなので必要なら自分で作りこむ必要がありそうです。


■ Silverlight 1.1 SDK Alpha September Refresh
前回の 1.1 SDK Alpha はかなり巨大でしたが、今回のはずいぶん小さくなっています。解凍してみるとサンプル (QuickStarts) がフォルダごとなくなっています。
ヘルプなんかも微妙にサイズが変わっていますが、どの程度内容が変わっているのかはわかりません。

0 件のコメント:

コメントを投稿