ページ

2007年5月1日火曜日

Silverlight 1.0 beta と 1.1 alpha

4/30~5/2 の日程で MIX07 がラスベガスで開催されていますが、そこで Silverlight (コードネーム "WPF/E") のいろいろが発表されたようです。

まず、Silverlight の新しいサイトが公開されています。
http://silverlight.net/

また、MSDN Silverlight Dev Center もあります。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/silverlight/

これらを見るとわかるように同時に 1.0 beta と 1.1 alpha が公開されました。

Silverlight 1.0 beta
今まで Silverlight の最新版は Feb 2007 CTP でした (Feb 2007 CTP の公開されたときはまだ "WPF/E" という名前でしたが)。これの beta 版が今回リリースされた 1.0 beta です。CTP→1.0 beta の変更点は What's New in Silverlight (1.0 Beta and 1.1 Alpha)? にまとめられているようです。ざっと見たところ 「細かいところはいろいろと変わっている」 という感じでしょうか。

また、1.0 beta は "Go-Live" ライセンスとなったそうです。
あと、ダウンロードするときに 「以下のライセンスを読んで "I Accept" をクリックしろ」 と出てきます(今のところ英文です)。このライセンスに 「2007年 8月 1日まで有効」 とあります。ライセンス的に日付を切っているだけなのか、実際に時限装置が内蔵されているのかはわかりませんが、意外と短いです。少なくともそれまでには次の beta、もしくは、正式版がリリースされるってことなんだと思います。

Silverlight 1.1 alpha
発表的にはこちらの方がインパクトは大きいですが、Managed Code の実行をサポートした Silverlight の alpha 版です。
Silverlight 1.0 ではプログラムの部分は JavaScript で記述します。これが JavaScript だけではなく C#、Visual Basic などでも記述できるようになります。また、IronPython、IronRuby などでも記述できるようです。

私自身まだよくわかってませんが、フルバージョンの .NET Framework とはまったく異なったランタイムによって実行されるようです。"mini-CLR" といった書き方がされていることもあるようです。
さらに Dynamic Language Runtime (DLR) というダイナミックな言語 (Python とか Ruby とか) のためのランタイムもあわせて発表されました。DLR は CLR の上に乗っかるという位置づけになるようです。この DLR が Silverlight の "mini-CLR" にも含まれているので C#、Visual Basic だけでなく Python や Ruby も使えるようになるということみたいです。
Silverlight の "mini-CLR" の BCL (ベースクラスライブラリ) ですが、どの程度のクラスが用意されているのかよくわかりません。1.1 alpha SDK もダウンロードしてみたんですが、クラスリファレンスが見当たりません。Quick Start なんかを見てるみると XmlReader なんかを使ってたりもするんで、Web 上で使いそうなものはある程度は用意されているみたいなんですが。

0 件のコメント:

コメントを投稿