ページ

2006年6月14日水曜日

.NET Framework 3.0

.NET Framework 3.0 より


# もうあちこちで紹介されてますが。。。


コードネーム WinFX は正式名称 .NET Framework 3.0 となったそうです。
今まで WinFX と言うと WPF、WCF、WF のことを指していたようなイメージもありましたが、.NET Framework 3.0 は



  • 今までの .NET Framework 2.0 のすべて (ASP.NET、WinForms、ADO.NET、その他のベースクラスライブラリや CLR そのものなどなど)

  • Windows Presentation Foundation (WPF)

  • Windows Communication Foundation (WCF)

  • Windows Workflow Foundation (WF)

  • Windows CardSpace (WCS) これはコードネーム "InfoCard" と呼ばれていたものだそうです。

をあわせたものということみたいです。(上記の Somasegar 氏の記事にある画像を見ると一目瞭然ですが)


ということは、このままいくと 2.0 → 3.0 ではランタイム自体の変更はないということですね。1.x → 2.0 のときは Generics などいろいろな機能拡張がありましたからランタイム自体も変更されています。しかし、2.0 → 3.0 ではランタイムは同じで WPF、WCF などのクラスライブラリが追加されるだけということになります。もちろん、ランタイムの機能追加はないとしてもパフォーマンスやセキュリティ向上のために修正されないとは限りませんから 3.0 のランタイムが今の 2.0 のままとは限らないと思いますが。


そういや、LINQ に対応する C# の言語仕様は C# 3.0 と呼ばれてるけど、これはこのままなのかな?LINQ が出てくるときの .NET Framework ってどうなるんだろ?まさか、.NET Framework は 4.0 で、C# 言語仕様は 3.0 で、ランタイムは 2.0 なんてことになる?(笑) (ちなみに LINQ Technical Preview ではコンパイラとクラスライブラリの追加だけでランタイムは 2.0 のままのはず)

0 件のコメント:

コメントを投稿