ページ

2005年5月17日火曜日

Visual Studio "Hawaii"

一色さんの IT+ 「Visual Studio "Hawaii"」 で知った
eWeek: 'Hawaii': A Visual Studio Paradise for Developers? より


ちゃんと読んだわけでも、ちゃんと読めるわけでもないんですが(^^; ざっと読んでみました。


"Whidbey" (これは Visual Studio 2005 のコードネーム)、"Orcas" (これは Longhorn と同時期に出ると言われている Visual Studio のコードネーム) の後に続く Visual Studio はコードネーム "Hawaii" だそうです。しかし、「according to sources familiar with Microsoft's plans」 なんてありますが、これは 「Microsoft の計画に近い筋によると」 ってこと?いったいどんな筋なんだろう?
で、"Hawaii" は 「完全に再設計されたツールセット」 なんてありますね。Whidbey、Orcas と今まではアメリカ大陸北西の太平洋側の島の名前をコードネームに使ってたけど、新しいバージョンはデベロッパにとってこれら 2つのバージョンとはずいぶん違うものになるから "Hawaii" にした、みたいなことが書いてある。


Orcas の計画は今春か夏から全力で始まる、みたいなことが書いてあるな。うーん、Longhorn はいちおう 2006年ということになってたと思うけど、Orcas って 2006年に出るんだろうか?歴史的に見ると Visual Studio は複数の開発が同時期に行なわれていた、みたいなことも書いてあるから、すでに Orcas の開発も進んでいるってことなんだろうけど。。。Visual Studio.NET の 2002 と 2003 みたいにマイナーバージョンアップになっちゃったりしてw。 2002 → 2003 は .NET Framework 1.0 → 1.1 と .NET Framework 自体もマイナーバージョンアップだったからそれでもよかったけど、Whidbey → Orcas は .NET Framework 2.0 → WinFX ということでかなり大きなバージョンアップになると思ってたんだけどなぁ。もっとも 「ほんとに WinFX なんてものが出るの?」 という気がしないでもないんですが。Avalon/Indigo の CTP が提供されたり、逆に WinHEC で公開された Longhorn の最新ビルドには WinFX が含まれていないなんていう話を聞いたりと、こうなるともう 「WinFX っていうコードネームはこのままフェードアウト?」 という気がしちゃうし、さらに言っちゃうと 「WinFX の正式名って、ひょっとして .NET Framework 2.1?w」 という気がしちゃうわけです(この辺は完全に個人的な想像でなんの根拠もありません)。


けど、記事の 2ページ目の最初のほうにありますが、Orcas は Avalon、Indigo、XAML、コードネーム Sparkle (Avalon での開発をサポートしてくれて XAML を記述してくれる?この辺、よくわかってません)、というような Longhorn といっしょにやってくるいろいろなものをサポートする必要があります (というか、サポートしてくれなかったら悲しい)。そういう意味では結構なメジャーバージョンアップになるんでしょうね。


と、個人的には Hawaii よりも Orcas だな。つか、その前に Visual Studio 2005 だなw
(記事のほうでも Hawaii よりも Orcas のほうが多く扱われているような感じ。まぁ、Hawaii なんて、まだコードネームが出てきただけって段階でしょうからねぇ)

0 件のコメント:

コメントを投稿