ページ

2005年3月4日金曜日

ノータッチデプロイメントで HTTP 圧縮を使えるか?

HTTP 1.1 からは HTTP 圧縮ってのがあります。これは、HTTP 内のデータを圧縮することによってネットワーク上の転送量を減らすことができる (かもしれない) というような内容です。IIS も対応しています(デフォルトではオフだったような気がしますが)。
IIS での HTTP 圧縮の詳しいことは IIS 5.0 Web サイトで HTTP 圧縮を使用する  こちらなどを。


というのを踏まえて、
Http Compression and Assembly loading より。


ふむふむ、「.NET Framework 1.0、1.1 では、HTTP 圧縮を有効にした Web サーバからアセンブリをダウンロードできない。これはバグで .NET Framework 2.0 では修正される。要求によっては 1.0、1.1 も修正するかもしれないけど、ちっぽな修正ってわけじゃないし、HTTP でアセンブリをダウンロードする場合すべてに影響する。。。(以下略)」 とな。どうも、1.0、1.1 が修正されるのは望み薄な感じ。(それにしても、仕様じゃなくて単にバグだったのか。。orz)


んで、「Deploying assemblies using cab files こちらを使うことを考えてみてくれ」 と。


おぉ、Assembly.LoadFrom とか app.config の codeBase とかって CAB ファイルを指定することできたのか。知らなかった。

2 件のコメント:

  1. おお、私も知りませんでした。

    情報ありがとうございます。

    なるほど、codeBaseだと複数のアセンブリを含むCABも利用できるんですね。

    返信削除
  2. >Assembly.LoadFrom とか app.config の codeBase とかって CAB ファイルを指定することできたのか。


    マネージコントロール化なんかのトピックにさらっと書いてありますよん。

    返信削除