ページ

2003年10月30日木曜日

Whidbey で追加されたクラスたち


John Lam さんの blog より
Diff between v1.1 and v1.2 of Frameworks



John Lam さんが .NET Framework 1.1 と 1.2(Whidbey) の System*.dll の差分を取った結果をダウンロードできるようにしてくださっています。クラス名しかわかりませんが、それでもかなりおもしろいです。



以下、ざっと見ていて気になったところの覚え書き。
System.Web の下。ずいぶんたくさんのクラスが追加されてる。 Personalization なんていうネームスペースとか System.Web.UI.WebControls
の下とか。このあたりは、ASP.NET "Whidbey"だな。
System.Windows.Forms の下にもいろいろおもしろそうなものあり。ActiveDocumentHost、Sound、WebBrowser、その他たくさん。
System.Diagnostics.Stopwatch なんてのもある。
System.IO.Ports.SerialPort は RS-232C だな。
System.Net.Ftp* は FTP か。SMTP と POP3 はないのかな?
うーん、リファレンスマニュアルはないのか?と思ったら Longhorn
SDK
に載ってるじゃん。

4 件のコメント:

  1. えーと、元ネタ書いた人が間違ってるみたいですが、
    CLRのバージョンは1.2じゃなくて、2.0へのメジャー
    バージョンアップのはず。。。

    #1.xは基礎固めだったのねぇ。。。という感じになるみたい。

    返信削除
  2. いや、Whidbey では今のところ 1.2.?.? です。
    PDC の Longhorn も 1.2 だそうです。

    まだテクニカルプレビューなので今後変わる可能性もあるとは思いますが、Whidbey,Yukon では 1.2 になるのかもしれませんね。

    けど、Whidbey,Yukon のときに 2.0 にして、Longhorn(WinFX)のときに 3.0 にしてしまうというのもいいかも。
    # また、「Version 3 でやっとまともになった」と言われそうだけど(^^;

    返信削除
  3. 実際の表記がどうなるかは別として。
    ASP.NETが2.0と呼ばれているように
    .NET Frameworkも2.0と(最終的には)なる気もします。
    ちなみにすでに3.0のデザインプレビューが行われたという噂もあります。
    (あくまで噂です。)

    返信削除
  4. 今は間違ってるよーんって言われましたよ(^^;;

    返信削除