ページ

2003年7月16日水曜日

Dynamically invoke XML Web Services


GotDotNetのUser Samplesより
Dynamically
invoke XML Web Services



XML Web Serviceを使うときはVS.NETで「Web参照の追加」をするのが一般的ですが、この場合、その時点でプロキシクラスのソースが自動生成されます。このサンプルではそれを動的にやってしまおうっていうものです。コンパイル時にプロキシクラスを作るのではなくて、実行時にメモリ上にプロキシクラスを作ってしまおうってことです。
ServiceDescriptionクラスを使ってWSDLからコードをメモリ上に生成して、CSharpCodeProviderでコンパイルして、プロキシクラスのインスタンスを作ってるようです。なるほどねぇ。

0 件のコメント:

コメントを投稿